スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

沖縄全中を終えて(留学生の大会参加資格について)

 今年の沖縄全中は、コンゴからの留学生の活躍などもあり、中学バスケ界も高校と同じように留学生対策が必要となるのか、話題となりました。
 
 留学生の参加資格については、JBAバスケットボール競技規則には特別の定めはありません。第4条に「チームメンバーとして認められるためには、大会規定に明記されている条件をみたしていなけいればならない。」とされており、各個別の大会規定(大会要領、実施要領など)に委任されています


★高校バスケの留学生に関する大会規定

 高校バスケについては、留学生について、以下のとおりインターハイなどの大会規定にルールがあり、バスケ強化目的だけで無制限に留学生を呼び、競技に出場させることはできなくなっています。

【例】インターハイ(全国高校総体)実施要領における参加制限規定(抜粋)
外国人留学生の参加については、エントリー(12 名)のうち2名を上限として、コート上は5名中1までとする。

 また、加えて外国人留学生の全国高校総体参加についてという補則(競技横断規定)があり、その中では以下の内容が定められています。



在籍する高等学校を卒業する目的(すべての単位の修得をすること)で入学した生徒であること
参加人数枠は、エントリー数の概ね20%以内を原則とし・・・
→ここから、大会規定では、バスケットボールの場合は、留学生のベンチ入りは2名(≒12名×20%)とされています。


★中学バスケの留学生に関する大会規定

 一方、全中の「大会要領」では、留学生のことは想定されていなかったのか、このようなことは規定されていません。したがって、留学生は、日本人と同様の参加資格規定を満たしていればよいということになるのではないかと思います。(ベンチ入り、コート上の人数制限なし?)

 しかしながら、今回の高須中は公立校であり、私立高校が留学生を受け入れる際の目的やプロセスとは異なるはずです。したがって、高校バスケの留学生とは同じ土俵で論議することはできませんし、中学バスケにおける留学生進出の道筋を開いたものということもできません。

 今後、私立中学がバスケ強化を目的として留学生獲得に動き始めたとき、規定改正を含めて論議が必要になってくるのかもしれません。

スポンサーサイト

沖縄全中を終えて

 今大会は、高須中のコンゴロー選手をはじめ、上位のチームには要となる高身長の選手がいました。西福岡中の原田選手、松村選手、鳥屋野中の小川選手、成澤選手など。その他にも浜松学院中、石井中、実践学園中にも180cm後半の選手が活躍していました。

 今大会は、西福岡や鳥屋野の巧さ、スピード、ディフェンスも重要な要素でしたが、高さが重要な鍵の一つとなっていたと思います。

高身長の選手一覧



今シーズンを終えて

 今シーズンは、西日本では西福岡中が群を抜いており、東日本では鳥屋野中が頭一つリードした形で進んでいきました。両チームが始めて相見えたのは、6月の岐阜カップ決勝で、そのときは7点差で西福岡中が勝利し、全国の勢力図がほぼ確定したかに見えました。

 そこに台頭してきたのが、高須中でした。夏の公式戦までは、コンゴロー選手を使っていなかったため、一部でしかその戦力は知られていませんでした。決勝トーナメント準々決勝で浜松学院中高須中に敗れたときは、このままの勢いで西福岡中まで飲み込まれてしまうのでは、と思いましたが、そこは百戦錬磨の西福岡中、きっちりと戦略を立てて高須中を攻略しました。

 地元の声援を力に快進撃を続けたコザ中を敗った鳥屋野中西福岡中の決勝戦は、意外な大差がつきましたが、新潟の地元紙によるとエースの小川選手は、出だし硬くなったとのことです。いずれにしても今シーズンの中学バスケを盛り上げてきたこの2校には賞賛を送りたいと思います。

平成29年度 【沖縄全中】最終日(男子)結果

 平成29年8月25日に行われた、沖縄全中の準決勝、決勝の結果です。




【準決勝】
  高須中 56-81 西福岡中
 
15-1Q-12
21-2Q-24
10-3Q-26
10-4Q-19

 中学バスケ界の新しい波に王者西福岡中がどのように立ち向かうのか、日本中の興味が注がれた一戦は、意外な大差がつく結果となりました。コンゴロー選手のファウルトラブルを誘う展開だったようですね。高須中の快進撃をとうとう西福岡中が止めました。


  コザ中 45-62 鳥屋野中
18-1Q-12
3-2Q-17
9-3Q-9
14-4Q-24

 今年の沖縄全中を盛り上げた立役者、開催地枠で出場したコザ中と優勝候補の鳥屋野中との一戦は、17点差で鳥屋野中が勝利です。


【決 勝】 
  西福岡中 64-36 鳥屋野中 → 西福岡中優勝
16-1Q-10
15-2Q-14
16-3Q-8
17-4Q-4

 多くの人たちが予想していた、西福岡中鳥屋野中との決勝戦。後半も勢いが衰えない西福岡中が鳥屋野中を抑え、5年ぶり2度目の優勝を飾りました。攻守にハイレベルな実力を持つ鳥屋野中に勝てるチームがはたしてあるのかと思っていましたが、6月の岐阜カップ決勝に続いて西福岡中が鳥屋野中を敗り、上には上がいるものだとつくづく思い知らされました。

 今シーズンは、比類なき強さで突き進んできた西福岡中ですが、高須中という規格外の力を持ったチームとの戦いには不安があったでしょうし、岐阜カップで7点差まで迫られた鳥屋野中とは、今回は大差がつきましたが、実力は拮抗していたと思います。体力の限界を迎える全中最終日、タフな2試合を圧勝で締めくくった西福岡中には、いくら賞賛を送っても送り足りません。



 <全中最終順位>
西福岡中(福岡)
鳥屋野中(新潟)
高須中(兵庫) コザ中(沖縄)

平成29年度 【沖縄全中】決勝トーナメント1日目(男子)結果

沖縄全中決勝トーナメント1日目が終了しました。開催地枠で出場した、地元コザ中の勢いが全中を大いに盛り上げています!





   高須 76-66 浜松学院
16-1Q-20
20-2Q-16
19-3Q-10
22-4Q-20
 予選リーグで鳥屋野中を苦しめた浜松学院中ですが、高須中の前に、前半は同点で折り返したもののコンゴロー選手を抑えきれず、49得点を許し、逆転で敗退です。


  西福岡 61-46 アレセイア湘南
20-1Q-10
11-2Q-11
20-3Q-16
11-4Q-9
 西福岡中の堅実な試合運びが光ったゲームとなりました。西福岡は、いつものように、鉄壁のディフェンス、巧みなボールコントロールで流れを渡しません。アレセイア湘南中もなかなか流れを変える糸口を見つけられずに試合終了となった模様です。


  鳥屋野 58-49 実践学園
14-1Q-17
13-2Q-6
14-3Q-13
17-4Q-13
 全中2連覇中の実践学園中と優勝候補の鳥屋野中との一戦は、どちらもディフェンスがいいチームだけに、締まった試合となったようです。最後まで目が離せない接戦となりましたが、Jrオールスターベスト5の鳥屋野中の小川選手の活躍もあり、ミスの少ない鳥屋野中に軍配が上がりました。

平成29年度 【沖縄全中】予選リーグ(男子)結果

 いよいよ沖縄全中が始まりました。
 大よそ強豪と目されるチームが勝ちあがるなど、大きな波乱はなかったようですが、予想と違った展開となった試合もありました。
 予選リーグで私が注目していた試合の結果です。

◆Bリーグ

   高須 89-66 アレセイア湘南
26-1Q-9
23-2Q-21
18-3Q-21
22-4Q-15
 とうとうベールを脱いだ、今大会注目の高須中はやはり強かった。今シーズン注目のアレセイア湘南中に23点差をつけ、予選の2試合いずれも90点前後得点する破壊力抜群の攻撃を止められるチームは出てくるのでしょうか。

◆Dリーグ

   津軽 62-56 中村三陽
10-1Q-14
12-2Q-18
24-3Q-6
16-4Q-18
 九州ブロック2位の中村三陽中と全中常連校の津軽中との一戦は、接戦となりましたが、後半の出だしで突き放した津軽中に軍配が上がりました。ハイレベルの九州ブロックで、西福岡中に次いで不動の2位であった中村山陽中に期待をしていましたが、ここで全中敗退です。

◆Gリーグ

   鳥屋野 58-48 浜松学院
10-1Q-11
4-2Q-19
22-3Q-10
22-4Q-8
 予選リーグ最注目の試合です。BOXがまだ掲載されていないので詳細は分かりませんが、前半16点差リードで折り返した浜松学院中を見事に逆転した鳥屋野中の底力を見せつけられた結果となりました。敗れた浜松学院中は、やはり全国トップレベルの力を持っていたようです。

◆Hリーグ

   玉島北 62-55 実践学園
19-1Q-12
14-2Q-21
10-3Q-15
19-4Q-7
 2年前の全中決勝戦と同カードのこの試合、3Qまでリードしていた実践学園中を玉島北中が逆転し、7点差で勝利しました。予選2位と1位の差は、決勝トーナメント初戦に大きく影響してきます。前人未到の3連覇を狙う実践学園中は、明日、優勝候補の一角、鳥屋野中との対戦です。


決勝トーナメント組合せ

 注目チームがバランスよく別れた感はありますが、左上の山は、いきなり高須中と浜松学院中の一戦となりました。左下は、予選リーグでも危なげなく勝ち上がっている、優勝候補筆頭の西福岡中とアレセイア湘南中との一戦です。右下は、全中3連覇を狙う実践学園中と、優勝候補の一角、鳥屋野中との一戦です。

 明日、明後日は、この組合せがどんなドラマを呼び起こすのか。楽しみに待ちたいと思います。
プロフィール

minibasbon

Author:minibasbon
子供がとうとう高校バスケを引退しました。より一層ブログ名と内容がマッチしなくなりました。

スポンサードリンク
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。